2010年07月07日

iPhone(iPod)ドックコネクターケーブルの違い

akibyonです。

在宅自己交換修理で、交換の依頼をしたiPhoneのドックコネクターケーブルは、7/6の午後に届きました。依頼したのが土曜日じゃなかったらもっと早かったのでしょうけど、これでじゅうぶんです。
IMG_0996.jpg

ヤマトの人が持ってきてくれて、その場で箱を開けて中味を取り出すように言われます。そしてその箱に、不良のケーブルを入れて持って行ってくれました。

これで終わりだと記事的に寂しいので、手元にあるドックコネクターケーブルの形を比較してみようと思います。

今回届いたケーブルは、USBコネクターの部分が角張ってました。iPadに付属してたのと同じ。たぶんこの形が最新なんでしょうね。断線したコネクターの根元の形状は、変わってないのですが大丈夫なんでしょうか。
IMG_0997.jpg

ちなみに、2世代目iPod nanoに付いてきたケーブルは、ドックコネクター部の根元が、蛇腹のようになっていて曲げに強そうです。またコネクターの横にはボタンがあって、これを押さないとコネクターが外れないような仕組みになっています。2世代目のiPod touchに付いてきたケーブルには、この仕組はもうなかったなぁ。
IMG_0994.jpg

これはサードパーティ製のケーブル。ドックコネクター、USBの両方の根元が蛇腹になっています。この方が丈夫だと思うんだけどなぁ。
IMG_0992.jpg

今、見てみたら修理状況が「返品確認済み」になってました。よかった、これで2100円請求されることもないですね。
スクリーンショット(2010-07-09-10.40.45-am).png


posted by akibyon at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。