2013年01月11日

書きました!「Macの困った!」を解決する本

akibyonです。
昨年終盤の超大物執筆仕事のことを書くのを忘れていました。
FacebookやTwitterに書いちゃうと、そこで満足しちゃって、忘れがち。

Macの困ったを解決する本
正式なタイトルは、
iPhone、iPadユーザーのための「Macの困った!」を解決する本
日経BPパソコンベストムック

iPhone、iPadユーザーのためのというのは、iPhone、iPadをきっかけにMacに興味を持った人、再びMacに戻ってきた人、これからMacの購入を検討している人などを想定しています。と言いつつも、便利な小技から上級Macユーザーに知られている達人技まで、320トピックでしっかり網羅しているので、すべてのMacユーザーにお勧めしたい本です。
MacとiOSデバイスの連携はもちろん、iOSデバイスで普段行っていることとMacでの操作の関連性にも、ことあるごとに触れるようにしました。

Macの困ったを解決する本Macの困ったを解決する本
知りたいことややりたいことが見出しになっていますが、最初の方から順に読んでも、少しずつ理解が深まるようにも構成してあります。
昔、Macを買ったばっかりの頃に読んだ、訳本のTIPS集もそんなふうになってた。

私の担当したのは、102ページの「アプリケーションが開くMacの世界」からの後半パートです。
自分の中のMacへの愛情をすべてこの本に込めたのですが、なんとまだまだ書いていないネタを思いつく毎日です。Macへの愛尽きることなし。

当サイトの助手のJimmyくんにも執筆と写真撮影で協力してもらってます。

ラベル:Mac iPhone iPAD
posted by akibyon at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Works | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

MacBook Pro 15-inch, Mid 2012 16GB化(1600MHz, DDR3)

akibyonです。
待望のMacBook Pro 15-inch, Mid 2012、16GB化!

Mid 2012で初対応した1600MHz DDR3で、16GB化するところがポイントです。このMacBook Proを買ったばかりの頃は、1600MHz DDR3のメモリで16GBにしようとすると軽く1万円以上したのが、今では5,000円強ぐらいまで落ちてきました。

もっとも1333MHz DDR3では、当時からそのぐらいの値段だったし、Mid 2012に乗せても問題なかったらしい。たぶん速さの差は体感できないと思う。でも、あえて1600MHz DDR3が安くなるのを待ちました。

シリコンパワー204PIN DDR3-1600 8GB×2枚組
Amazonで安くなっていたのは、シリコンパワーの204PIN DDR3-1600 8GB×2枚組。これだけどうしてこんなに安くなっているのか不思議なんですけどね。

シリコンパワー204PIN DDR3-1600 8GB×2枚組
MacBook Proを開けて、それまでささっていたメモリを外して…。

シリコンパワー204PIN DDR3-1600 8GB×2枚組
新しいメモリを取り付けます。MacBook Proは簡単!

シリコンパワー204PIN DDR3-1600 8GB×2枚組
無事16GBになって、1600MHzとして認識されました。

その後、一週間ほど使っていますが、今のところ問題なしです。SSD化の恩恵なのか、予想通り、8GBのときと何も違いを感じられないという…。でも、MacBook Pro最強化計画上は16GBはデフォルトとしたい。

1333MHzのときはCFDのメモリが真っ先に値段が下がってきましたが、今回はシリコンパワーのようです。


1600MHz DDR3 8GB×2(Mid 2012を16GBにするならこっち)


1333MHz DDR3 8GB×2(Mid 2012より前のMacBook Proを16GBにするならこっち)

posted by akibyon at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

光学ドライブ搭載Macではリモートディスクが使えない!

akibyonです。
MacBook Pro最強化計画の続き。

MacBay2で、光学ドライブをHDDにリプレースしたのはいいのですが、よくCDをリッピングしたり、ビデオDVDを焼いたりするので、実は光学ドライブを結構使うんですよね(苦笑)。

リモートディスク機能で他のパソコンの光学ドライブを使えるからいいやって思ってたんですが、なんと、リモートディスク機能が使えるのは元から光学ドライブを搭載していないMacのみという制限がかかっていたのでした。
そのとき光学ドライブを内蔵しているかどうかではなくて、MacBook Airか、Mac mini(おそらくiMac Late 2012も)じゃないと使えないのです。

これはイタイ。

そういうこともあろうかと、外付け光学ドライブとしてApple USB Super Driveの購入を検討していました。しかしいろいろ調べてみると、これも元から光学ドライブを搭載されていないMacでしか利用できないようになってるらしい。ヨドバシの店員にさえ指摘される始末。

またもや、最強と引き換えに弱点を作ってしまった感じ?

しかたがないので、MacBay2についてきた光学ドライブケースに、MacBook Proから取り出した光学ドライブを入れて使うことにしました。
Apple USB Super Driveなら買うけど、アイ・オー・データのとかならとりあえず買わなくてもいいや。

実は、以前の非Retina MacBook Pro最強化計画のときに、光学ドライブベイ用のマウンタと一緒に、光学ドライブケースを買っていたんですが、それがあまりにもちゃちくて、MacBay2に付属するやつにもそれほど期待をしてなかったんですよ。
非Retina MacBook Pro最強化計画(テクノハウス東映に行ってきた)

あの時買ったケースは、スロットローディングの光学ドライブを収めるには明らかに変だった。

例えば…。

MacBay2
こんなのがついてくるけど、スロットローディングだから不要。

MacBay2
ケースに入ることは入るけど、見た目に変。あと後述するけど、ケースに空いている穴と付属のネジでは、ドライブをケースに固定できなかった。

ところが、MacBay2に付属する光学ドライブケースは…。

MacBay2
正面の切欠きが、スロットローディングの光学ドライブに合わせてあるという点で、少し好感が持てました。

MacBay2
背面はこんな感じ。2箇所のネジ穴からネジを通して、ドライブをケースと固定する。以前買った光学ドライブケースは、このネジ穴の場所がちっとも合ってなかった。

MacBay2
標準的なminiUSB。その横にあるのは、USBのバスパワーでは電力が足りないときに使うポート。USBから、ここに電力を供給するためのケーブルも別途付属している。MacBook Proでは必要ないけど、PowerBook G4で使うときには必要だった。二股のUSBケーブルじゃないところが、個人的にはいいと思う。

MacBay2
ケースを開けたところ。こんな貧相な感じの基盤だけ動くのがすごい。

MacBay2
ドライブに、その貧相な基盤を取り付けます。

MacBay2
ケースに収めました。閉じる前に、とりあえずネジが合うかどうかだけ確認してみます。

MacBay2
ケースの外側から、内側のかなり離れたところにあるドライブのネジ穴を通して、一応締めることができた。

MacBay2
しかし、斜めっている(T-T)。そこは気にしないことにする。

MacBay2
使用上は問題なく固定できたと思う。正面から見るとこんな感じ。格好は良くないけど、前に買った光学ドライブケースよりもずっといい。

MacBay2
使ってみて初めて気がついたけど、一応、LEDのアクセスランプがついてた。

というわけで、外付けドライブとしては問題なく使うことができました。音楽CDをiTunesに取り込んだり、ToastでDVDを焼いたりするときは、普通の内蔵ドライブと同じだけど、ビデオDVDを見るときはちょっと違います。

MacBay2
ビデオDVDをスロットに入れると、こんなメッセージが出て、標準のDVDプレーヤーでは見ることができなくなります。なのでVLC media playerなんかを使う必要があります。

MacBay2
VLC media playerはFLVとかMKVなんかの、ネットで拾ってくるたいていの動画が再生できるので、今回の話に関係なくMacユーザー必携です。

だんだん、Macが最強になっているのかどうか怪しくなっていますが、MacBook Pro最強化計画は続きます。

というわけで、今年もよろしくお願いします。

posted by akibyon at 21:01| Comment(8) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。