2012年02月10日

iPhoneのサイレントモードとアラームのまとめ

akibyonです。

iPhoneはサイレントモード(マナーモードとは言わない)にしても、時計アプリのアラームの音がスピーカーから鳴りますよね。iTunesの音楽はイヤフォンをさしてたら出ないけど、さしてなかったらスピーカーから鳴る。
そこんところを、いまさらですがまとめておきます。自分のために。

通常モード
イヤフォンなしイヤフォンあり
電話着信本体から鳴る本体とイヤフォンから鳴る
メッセージ受信本体から鳴るイヤフォンのみ鳴る
アラーム本体から鳴る本体とイヤフォンから鳴る
音楽再生本体から鳴るイヤフォンのみ鳴る

サイレントモード
イヤフォンなしイヤフォンあり
電話着信鳴らないイヤフォンのみ鳴る
メッセージ受信鳴らない鳴らない
アラーム本体から鳴る本体とイヤフォンから鳴る
音楽再生本体から鳴るイヤフォンのみ鳴る


だから何?って感じなんですが、イヤフォンで音楽を聴いていたときに、メッセージを受信したのに気が付かなかったので、どうなってるんだろうと思ったので、改めて調べようと思いました。
メールの受信とか、アプリからの通知など、上記以外のサウンドはまた調べて追加します。取り急ぎここまで。

ちなみにアラームをバイブだけで知らせて欲しいときのTIPSは「サイレントモードにして、無音のサウンドファイルをアラーム音に設定する」です。
alarm_no_sound.png
posted by akibyon at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

iPhone 4Sに合うケース探しの旅は続く

akibyonです。

iPhone 4Sに装着するケース、バンパーのたぐいがどうも定まりません。そうこうしているうちに、何も装着しない状態が一番かっこよくて、持った手にも気持ちがいいということになってきてしまって、なんともはやです。

「iPhone 4Sのデザインを損なわずに、本体を保護してくれるケース」と漠然と思っているだけじゃなくて、もっと具体的に掘り下げてみたいと思います。


条件1
背面のAppleマークを隠したくない。
→バンパーか透明なケース

条件2
側面のステンレス素材の見た目を殺したくない。
→透明なバンパーか透明なケース

条件3
テーブルに置いたときに、前面または背面がテーブル面に接しない。

条件4
とりあえず2,000円以下で。
Deffのアルミバンパーが期待はずれだったので、あまりに高いのを買うのが怖い。

というわけで、買ったのがこれです。



何と言っても安い。条件4を軽く満たします。

01.jpg
しかし、この記事を書いている時点で、冷静になっているんで最初に書いてしまいますが、なんで赤いのを買ってしまったんでしょうか?

たぶん、赤い革のストラップをつけているので、それに合わせたいと思ったんだと思いますが、赤の系統が違っていて、変!

でも、この時点では、まだ、まあそのうち慣れるかもと思っていました。

というわけで、レビューを続けます。

02.jpg
前面の保護シートと、なんとDockケーブルが付属してました。1,000円もしないバンパーなのに。MacBook Proに接続して使ってみましたが、充電も同期もできました。

03.jpg
装着してみました。あ、なんか今、写真で見ると赤でも悪くないかも。

06.jpg
こんな感じで、透明なプラスチック素材を、ラバーの縁ではさんだ構造になっています。条件2、3を満たしています。しかし作りがちゃっちいです。

04.jpg
買うまでわかりませんでしたし、この写真を見ただけでもわからないと思いますが、Dockコネクタ部の周囲がスピーカーとマイクの部分まで空いているように見えるのですが、一段低くなってやはり透明なプラスチックがあります。なので、ネジのところに取り付けるストラップは装着できませんでした。写真では細いキリで穴を開けて取り付けています。

05.jpg
この時点で、赤のラバーに違和感を感じ始めていて、無意識にロック中の画面を、なんとかこの赤に合うものと変更したようです。しかし、今写真で見ると、なんかかわいいですな。ストラップを外したことも良かったのかもしれない。

この赤、何かに似てると思ってたんですけど、生まれ故郷、富山のかまぼこにそっくりです。
07.jpg


一応、書いておきますが、このバンパーはなんかのパチもんかもしれませんので、ご承知おきください。

(つづく)
posted by akibyon at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

iBooks Authorと激安Camera Connection Kit for iPadの話

ibook_author.png

akibyonです。
仕事の原稿書きの息抜きに、Podcastを編集してブログも更新しました。

久々のPodcast公開。最近気になることは、

iBooks Author
Camera Connection Kit for iPad 5+1 in 1

iBooks Authorで作った電子書籍を、iBookstoreで配布する件に関して、かなり曖昧な情報でしゃべってるので補足します。
iBookstoreで配布するには、有料/無料を問わず、Appleが指定する事業者が提供するサービスを利用することになります。日本の事業者は今のところありません。

Appleのサポートサイトに以下の記事がありました。
ブックをiBookstoreに公開する

日本の事業者じゃなくてもできるのかとか、価格設定とかをどうできるのかとか、そのそも契約方法とか、なんだかよくわからないので、今度ゆっくり調べてお伝えします。

iBooks Authorで作った電子書籍は、iBookstoreを経由しなくても配布できます。Webで公開すれば、iPadのSafariでリンクをタップするとiBooksに登録されるとのことです。
その際、ibooks形式で書き出されたものに関しては、有料での配布が禁止されています。ただ、まあ、iBooks Authorで書き出せるibooks形式以外の形式って言ったら、テキストかPDFになっちゃいます。

そうなるとPagesを使ってepub形式にしたほうが、面白そうです。epubだとPodcastと同じ仕組で、iTunesを使って配信できるから。ibooks形式の電子書籍では、この方法は使えません。

そういうわけで、補足記事を書いたにもかかわらず、まだまだ曖昧で全然補足になってない感じですな。

Jimmyくんの気になること「Camera Connection Kit for iPad 5+1 in 1」に関しては、本人が記事を書いてくれるかもしれないので、そちらをお楽しみに。Podcastの中では「あとで写真を撮ってブログに載せる」とか言ってるのに、写真撮るのを忘れて飲みに行ってしまいました。この記事を読んでくれたJimmyくんが、撮って送ってくれるかもしれないので、そしたら貼り付けますわ。
それにしてもJimmyくんがデジカメを使ってるところを見たことがないので、iPadに直接写真を取り込むことってあるのかなーって思いました。だいたいiPhoneで撮ってるように見えるんだよね。

あとは雑談。今更ながらiPhone 4Sを買った時の話をしゃべってます。

そうそう、このPodcastをiTunesに登録してて、エラーになっている場合は、このページの右上のバナーを使って再登録願います(ついこの間まで、バナーにRSSフィードのリンクが張ってないのに気づいてなかった)。あと、それでもできない場合は、バナーの下にあるリンクをクリックしてみてください。
Jimmyくんから、Podcastが登録できないって聞いたんだけど、まだちゃんと試せていないので、すみませんがそういう対応でお願いします。

最後に、Podcastの中で使っている曲を紹介します。

3VIL-42ko / Mister Electric Demon
8 BIT NO TAMASHI / LukHash (SH music)


posted by akibyon at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。