2012年01月22日

Macのディスプレイサイズがわかる壁紙

akibyonです。

MacBook Pro 13-inch, Mid 2009を使っています。

Pagesを使うようになって、1280×800の画面の狭さがどうにもつらくなってきました。
それでも1280×1024のSXGAモニタにリッドクローズドモードで表示すると、意外に大丈夫なので、自分が今やっている仕事では、この縦224ピクセルの違いは大きいんだなと思ったりもしています。
以前の仕事で職場でInDesignを使ってたときは、SXGAモニタを2つ並べてました(それはWindows PCだった)。

次に買うMacは、15インチのMacBook Proと決めているんですけど、27インチのApple LED Cinema Displayを買ったほうが安い(でもMacを新調するのは延期)とか、21インチのiMacだったら大きなモニタと新しいMacの両方ゲットじゃん(でもモバイルはあきらめ)とか、いろいろ考えていたら、こんな壁紙を作っていました。
display-size.png

今は、13インチのモニタで縮小された上記の壁紙を眺めながら、このMacにするとこんな感じとかを妄想してぽわーんとしています。

次のMacBook Proは、Retinaディスプレイ搭載かもしれないとか、Airの15インチ版が出るとかいう噂があるんですが、どんな仕様でいつ出るのか早く知りたいです。
posted by akibyon at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

再度特別企画 iPod nanoをゲットだぜ!

どうもJimmyです。

さて今回は「再度特別企画 iPod nanoをゲットだぜ!」です。

先日何の気なしに普通にメールボックスからスパムをはじいて削除していたところ、アップルから連絡メールが。内容を見ると「チミの使っているiPod nano 1st generationはバッテリーが加熱して膨張して破裂する恐れがあるから連絡してくれれば交換するよ~~」ってな具合のメールが入っていたので速攻で連絡して変えてもらうことに。

今までのやつはこのタイプ。

HT1353_18.jpg

お届けには2週間以上かかります。なんて書いてありましたが1ヶ月以上かかってやってきました。

はいこちら。

IMG_0870.jpg

ちょうどiPadもiPhoneも壊れていて、音楽きくのに小さいウィンドウあった方が俺は好きなんだよなあと思っていた矢先の出来事なのですっごいうれしい。おほほ。

ということで早速使ってみる。本当はこの前の初代のnanoに入っていたデータをバックアップ取ろうかと思っていたらそれすらもだめの様子で、マジで何年も使っていなかったのでこの際忘れたことにしてデータはあきらめました。そもそも何が入っていたのかも充電もできなかったので確認できなかったからいいのさ~~

本当は心の中で「こんなに時間がたってから直す、または同機種に交換っていっても絶対に同じ物がこの世に存在しているわけがない、ということは新品で同等品を送ってくるに違いない。ということは新しいnanoが送られてくるはずだ。買わなくて済むぞ。しめしめ。」
と満身創痍、思っていたところに到着の小包の軽さでほぼ確信しました。

とにかくうれしいって事ですよ。

早速同期、そうだ、言語設定を忘れた。しておかなきゃな・・・あ!!・・・同期始まっちゃった。まあいいか。

さすが8GBですね。全く容量足りません。まあ音楽きくだけだからいいか。

気がついたけど、一応交換ということなので、ヘッドホンや充電ケーブルのたぐいは何も入っていませんでした。当たり前だけど。ある意味あっさり。

使ってみましたが、タッチパネルの反応もいいしなかなか満足しました。これでビデオが見れれば面白いのになあと思ったけど、こんなに小さい画面だったら歌詞が見れる程度でいいかなと。

しばらくはポケットにしまえる程度のこのiPodで満足です。



こんなのも買おうかと思ったけど、いまつけている腕時計で十分だからいいかな。

次回こそは本当に「マジックレーンってなんだ」を書きます。(いや、書くつもり・・かな?)

それではまた、Jimmyでした。
posted by Jimmy at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

電源オフスライダが出ている画面のスクリーンショットを撮る

06.png

akibyonです。

iPhone、iPadのスクリーンショットは、オン/オフボタンを押しながらホームボタンを押せば簡単に撮れて、しかもカメラロールにカメラで撮った写真と同じように保存されます。これは大変ありがたい機能です。本体だけでスクリーンショットが撮れる、しかも画像ファイルとして保存されるというのは、初代Macintoshからの伝統ですね。

ところがこの方法で撮れない画面があるのです。起動時のAppleロゴが表示されている画面、電源をオフにするときのスライダーが表示されている画面です。ほかにもあるかもしれないのですが、今のところ私がよく必要とする画面の中では、この2つになります。

その中で「電源オフスライダが出ているところ」の画面を撮る方法がわかりました。気づいてみれば、なんーんだという感じなんですが、Xcodeを使います。要はAndroidでスクリーンショットを撮るときに、Android SDKに含まれるツールを使うのと同じ考え方です。

01.png
iPhoneをMacに接続して、XcodeのOrganizerを起動します。

02.png
サイドメニューから、接続したiPhoneの「Screenshots」をクリックします。

03.png
iPhoneでスクリーンショットを撮りたい画面を表示して(ここでは電源オフスライダが出ている画面)、右下の「New Screenshot」アイコンをクリックします。

これでスクリーンショットが撮れます。ドラッグ&ドロップで取り出せます。

04.png
こんな感じ。retinaサイズで撮れてます。自分で撮るの面倒な人やMacを持ってない人は、これをお使いください。

ついでにですが、この画面はiPhoneの操作説明で使う場合が多いのですけど、「オン/オフボタンを長押しして〜」とか「オン/オフボタンととホームボタンを同時に押しながら〜」のように、本体のボタンを示す必要があって、そうなるとスクリーンショットだけではだめで、iPhone本体の画像も必要になります。どうせならこれも物撮りなしでなんとかしたくなります。

そこで役に立つPhotoshop用のテンプレートがありました。
↓このページからダウンロードできます。
http://www.teehanlax.com/downloads/ios-5-gui-psd-iphone-4s/

このテンプレートの中にiPhone本体(白、黒両方)の画像があるので、そこに先に取ったスクリーンショットをはめ込みます。retinaサイズのスクリーンショットがちょうど収まるようにできています。

05.png
こんな感じ。

06.png
ガラス面の反射をつけることもできます(お好みで)。

このテンプレートは、ほかにもいろんなところで使えますので、ダウンロードして手元においておくと重宝します。

08.png
ちなみに、Appleロゴの出ているところのスクリーンショットは、この方法を使っても撮れないので、上記のテンプレートにAppleロゴを合成して作っています。

余談ですが、Androidスマートフォンでは、本体だけでスクリーンショットを撮る機能は機種ごとに対応しているようです。XPERIA arcでは、Android OS 2.3.4から本体だけでスクリーンショットを撮れるようになりました。
ちなみにやり方は電源ボタンを長押しします。そこで表示されるメニューに「スクリーンショットを撮る」というのがあるので、これをタップすると直前の画面のスクリーンショットが撮れてギャラリーに保存されます。
Android SDKで撮る方法はこちらを参照してください。
XPERIA arcで、スクリーンショット!ショット!ショット!
07.png
posted by akibyon at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

とりあえず、エザンスのストラップつけてます。

01.png

akibyonです。

iPhone 4Sに装着するケースが全然決まらず、ずっと裸のまま使っているんですが、持つたびにその手触りや質感、重量感にうっとりしています。プラスチッキーなAndroidでは得られない満足感ですよ。

今のところ特に目立った傷もついてないので(保護フィルムには多少ついていますが)、この何もつけてない感じを殺さないようなカバーはないもんかなと、のんびりと探しているような状況です。

で、せっかく裸で使うならということで、3GSの時にも愛用していた、本体に直付けできる例のストラップをつけてます。
↓こちらで買いました。1,000円以上だと、ヤマトのメール便の速達で送ってくれます。
http://www.aisance.jp/

以前にも紹介したので、ざっくりと書きます。
http://love-iphone.seesaa.net/article/134560911.html

02.png
iPhone 4用リングネジと専用ドライバーのセット。右上の小さいネジがキモです。

03.png
Dockコネクタ横のネジを専用ドライバーで外します。

04.png
3GSで使っていたストラップが気に入っているので、今回もこれを使います。革の色が良い感じの風合いになっています。
3GSのときの話はこちら→iPhone自慢ストラップ編

05.png
こんな感じで取り付けます。ネジが途中で折れた人もいるみたいなんで注意しないとです。
http://minkara.carview.co.jp/userid/137022/blog/19251358/

06.png
片手で文字入力するときに安心です。

ドライバーのことも紹介しておきます。
すごくかっこ良くて質感もいいので、iPhone 4/4Sのネジを外すときぐらいしか使い道がないのが残念。

07.png
両端がドライバーになっています。

08.png
iPhone 4/4Sのネジを外すのは、片側の星型のドライバーです。

09.png
反対側はプラスです。プラスのネジになっているiPhone 4も以前はあったみたいです。
http://ipodtouchlab.com/2010/11/iphone4-torx-screw.html


↓iPhone 4のネジについてすごく詳しく調べてあるページ【参考】
http://motomory.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/iphone-4-1843.html

写真のタイムスタンプを見ると去年の11/15になっているんで、これはもう2ヶ月前に書こうと思ってたネタでした。どうもすみません。

というわけで、遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。
2012年賀状.jpg
posted by akibyon at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | 更新情報をチェックする