2011年07月11日

XPERIA arcにeneloopで充電できるケーブル

akibyonです。

XPERIA arcに付属してきたケーブルを、深く考えずに使っていたのですが、ケーブルだけ実家に置き忘れてきてしまったことがあったので、持ち歩き用のケーブルを用意することにしました。

調べてみると、arc側はmicroUSBという汎用コネクターなのですね。全然気にしてなかった。オリジナルの規格かと思ってた。考えてみれば、Androidスマートフォンは、iPhone以上に端末をできるだけ安く作らなきゃいけないだろうのに、オリジナル規格のコネクターを使うはずはないよね。
Amazonで検索したらそういうケーブルがわんさか出てきました。

ただし、PCと接続したときには充電できるけど、市販の充電器(USB端子付きACアダプタや、電池式充電器など)からは充電ができない・保証しないなどと書かれているものが結構あるのです。レビューを読むと、XPERIAのAndroid OSが1.6のときは充電できなかったけど、2.1にしたらできたとか。

ネットで調べていてもキリがないので、Androidってもう、と思いつつ、結局は自分で試してみるしかないと思って、見た目で気に入ったものを買いました。

01.jpg
真ん中に巻き取りのリールがあるのが好きな人も多いと思いますが、私の場合、コードを伸ばしたときにあのリールが真ん中にあるっていうのがどうも好きになれないので、これにしました。
このケーブルだったら、適度に伸び縮みできて、鞄に適当に突っ込んでも絡まないし、リールがない分軽い。持ち歩き用だからこのぐらいの長さでいいの。

で、充電できるか試してみました。

02.jpg
ずっと前に、iPhone用のケーブルセットを買ったときについてきたUSB端子付きACアダプタ(FILCO PLS5USBW)で、ちゃんと充電できました。

03.jpg
電池式充電器(初代eneloopスティックブースターKBC-D1)でも、ちゃんと充電できました。

arcのバッテリーを使い切ってシャットダウンした状態からも、上記の両方で充電をすることができました。

04.jpg
先日、yukachiが買ったXPERIA acro(IS11S)を見せてもらったんですが、初代eneloopスティックブースター(KBC-D1)で充電できることを確認しました。なので、このケーブルは、acroでもだいたい使えるのではないかと思います。

05.jpg
おまけ。arcとacroはmicroUSBコネクターの向きが逆でした。

いつの間にか、当ラボメンバー全員がAndroidユーザーです。


posted by akibyon at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | 更新情報をチェックする