2010年10月31日

今度のParallels Mobileはスゴイぜ!

akibyonです。

またParallels Desktopの話題で申し訳ないです。
でも、今回はiPhoneやiPadからParallels Desktopをコントロールする「Parallels Mobile」というアプリの紹介です。

Parallels Mobileは以前からあったのですが、パソコン側のParallels Desktopの仮想マシンを、リモートで起動したり終了したりできるだけだったのです。
http://love-iphone.seesaa.net/article/140011333.html

ところが今度のParallels Desktop 6にあわせてバージョンアップされた、Parallels Mobileは、仮想マシンを操作することもできるようになっちゃった!
しかも、Wi-Fi接続だけじゃなくて、3G接続でもできちゃう!
それもポートを開けるとか閉じるみたいな難しい設定なしに!

まずはParallels Desktop側の設定をします。
「モバイル」タブで、Parallelsに登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。「Parallels MobileをMacに直接接続する」にチェックしておくと、同一LAN内にいるときは、直接接続されて最高のパフォーマンスが得られます。
01.png

ところで「Parallelsに登録したメールアドレスとパスワード」というのは、Parallels Desktopを最初にインストールしたときに、表示されるダイアログで登録したメールアドレスとパスワードのことです。飛ばしてインストールしたときは[Parallels Desktop]→[プロダクトの登録]から登録できます。
02.png

次にiPhoneでParallels Mobileを起動して、ここでも「Parallelsに登録したメールアドレスとパスワード」を入力してログインします。このParallels DesktopとParallels Mobileの双方からParallelsにログインしていることが、難しい設定をしなくても済むことにつながっているんですね。
03.png

Parallels Desktopを起動しているMacの名前が表示されるので、それをタップします。
04.PNG

今度は、普段Macを使っている時のユーザ名とパスワードを入力して接続します。
05.PNG

うまく接続できるとParallels Desktopに設定してある仮想マシンが表示されるので、起動したい仮想マシンをタップします。
06.PNG

Windows 7を起動しました。iPhoneを操作して、IEを立ち上げ、スタートメニューを表示しています。iPhoneの接続が3Gになっていることに注目です!
07.PNG

Parallels Mobile上でのタップ操作は、Parallels DesktopをMacのトラックパッドで使用するときの操作に似ていて、違和感無く使えるようになっています。
08.PNG

横向きにすると、もうちょっと広々使えます。
09.png

キーボードを表示するとこんな感じになってしまいますが、ファンクションキーやPageUpやPageDownといった特殊なキーも入力できます。
10.png

Parallels MobileはiPadでも使えて、iPadだともっと広々した画面で快適に操作することができます。
11.png

3G接続で、どこにいても自分のParallels Desktopに、いとも簡単に接続してWindows(に限らないけど)が使えるのに驚いてしまいました。

ただ、自分の使い方では、外からどころか、iPhoneやiPadでParallels Desktopを操作しなければならないなんてことは、まずないんですけどね。

icon
icon
Parallels Mobile(無料)をApp Storeでチェックする
icon
posted by akibyon at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

Parallels Desktop 6 for Macを3,910円でゲットせよ

akibyonです。

久しぶりの更新がiPhone関係じゃない記事ですみません。はじめに謝っておきます。

01.png
Macユーザー必携のアプリケーション、Parallels Desktop for Macがバージョンアップして6になりました。5でも十分実用に足るスピードだったのですが、6でさらにWindowsの起動を41%高速化し、3Dグラフィックやビデオのレンダリングも格段に高速化したなどなど、Ver.5ユーザーもバージョンアップする価値は大いにある内容でした。
↓詳細はラネクシーのサイトを参照
http://www.runexy.co.jp/enterprise/parallels6_mac/outline/


そこで気になるのは費用です。発売記念キャンペーンで10/28まではちょっと安く買えます。パッケージ版の販売は10/29からだそうです。

パッケージ版:11,500円
ダウンロード版:8,500円→7,650円
アップグレード版:5,900円→4,500円

特別優待版パッケージ版:7,800円
特別優待版ダウンロード版:6,800円→5,780円

特別優待版を利用するためには下記の条件を満たしている必要があります。

  • 他社製仮想化ソフトを所有するユーザー

  • 旧バージョンのParallels Desktopを所有するユーザー

  • Intelプロセッサ搭載のMac本体またはMac OS Xを同時に購入するユーザー

  • Parallels Desktop上で動作するOSを同時に購入するユーザー


私の場合、Ver.5を使っているので、アップグレード版を利用するのが一番安いわけですが、今ならもっと安くゲットする方法がありました。
ラネクシーオンラインの会員になると、500ポイント(1ポイント=1円として利用できる)をもらえて、さらに会員価格で4,410円になります。つまり、3,910円で買えるわけです。

最近の円高事情を考えると、$49.99の英語版のアップデータを購入したほうが安いのではないかと思っていたのですが、3,910円で日本語版アップデータが買えるならこれで決まりでしょう!
02.png

↓ラネクシーオンライン
http://www.ec-shopping.net/neos/runexy10/


さて、Bootcampなら無料でMacでWindowsを利用する環境を作れるのに、お金出してParallelsぅ?って思う方もいると思いますが、実はParallelsにはMacを再起動すること無しでWindows環境が使えるという使い勝手のよさだけじゃなくて、費用面でもメリットがあるのです。

というのは、Parallels DesktopにはアンチウィルスソフトのKaspersky Internet Security(1年ライセンス)が付属しています。Windowsをアンチウィルスソフト無しで使うなんて考えられない世の中ですよね。しかもMac版のKaspersky Anti-Virusも付いてるという太っ腹具合。両方買ったらいくらするとお思いですかい?

というわけで、MacユーザーはKasperskyを買うと思って、Parallelsを買っても元が取れるのです。

(追記2010/10/28)
すみません! KasperskyのライセンスはWindows、Macとも90日でした。5のときのように、Mac版無しでいいから1年にして欲しい。
(/追記ここまで)


最後まで読んでいただいた方に、耳寄りな情報をもうひとつ。
私は英語版のver.4を持っていたので、以前ver.5の特別優待版を購入したんですが、特に旧ライセンスのチェックもなくインストールできました。考えてみれば「Parallels Desktop上で動作するOSを同時に購入するユーザー」という条件はどうやってチェックするんだというわけで、優待版の中味は通常版とゴニョゴニョ。
Parallels Desktop 5 for Mac特別優待版到着!

Parallels Desktopを持っていない方も、今なら5,164円でゲットできるチャンスなのかもしれないです(ノークレームノーリターンでお願いします)。
posted by akibyon at 15:41| Comment(4) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする