2010年06月29日

Seesaaアプリでの音声アップロードテスト

akibyonです。

先日、Seesaaアプリで音声を添付してアップロードしたところ、アプリが落ちてしまってどうにもならなくなったので、今日は環境を変えてテストしてみます。
インターネット接続はADSLから光に変わってます。あと、iPhoneのOSがIOS 4になってます。アプリは何も変わってません。
さてどうでしょう?

なんかダメみたいです。
どういうことなんでしょう?

もしかしたら添付するファイルが大き過ぎるのでしょうか?ためしに2分ぐらいしゃべってアップします。

iphone/image-20100629134426.png
こんなエラーが出た。今まではエラーも出ないで落ちてたのに。

もっと短くして1分ぐらいしゃべってみました。これだと大丈夫みたいですね。うーん、結局、環境は関係無くて、アップロードできるファイルの大きさに制限があるってことなのか。
せめて3分ぐらいアップしたいものだなあ。



実は今になってわかったんですが、アップできる音声ファイルは5MBという制限があり、Seesaaアプリでアップされるcafという音声ファイル形式は、3分も録音すれば簡単に5MBを超えてしまうため、アップに失敗していたのではないかと考えられます。

また、caf形式でアップしたのではRSSに乗っからないみたいで、ポッドキャストとしては成り立たないのでした。なのでアップしたcaf形式の音声ファイルを、一旦Macでダウンロードして、mp3にしてからアップしなおしました。

結論。Seesaaアプリで音声をアップしても、ポッドキャストしては配信できないので、別な方法を考えたほうがいい。
posted by akibyon at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

eneloop stick boosterは電池入れ替えりゃ容量無限大!

akibyonです。

仕事の関係で、iPhoneの外部バッテリーを買う必要があったので、それなら前からこれならいいなと思っていたeneloop stick booster(KBC-D1AS)を買いました。Amazonでも結構値段が上下するので、安いときに買うのがいいと思うのですが、私の見ていた感じでは、送料込みで1800円弱ぐらいというのが目安かなと思いました(2010/6/28現在)。



iPhoneに接続した時の感じはこんなです。ケーブルは付属してません。
IMG_0939.jpg

stick boosterは単3のeneloopを2本を使って、接続した機器を充電します。フル充電にしておくとiPhoneのバッテリーを70%程度充電できるらしいです。この点で考えると、eneloop mobile booster (KBC-L2AS)というのがあって、これだとiPhoneを3回フル充電できるバッテリー容量なのだそうです。大は小を兼ねると言うので、そっちのほうが結局はいいのかもしれませんが、だってだってstick boosterのほうがカッコいいんだモーン。
それにeneloop 2本で70%だったら、4本で140%、8本で280%、16本で560%じゃーん。バッテリー容量なんて無限なのだよ!

eneloop乾電池は2本付属します。eneloopマニアとしては別に付属しなくていいから、その分安いパッケージがあってもいいのになぁと思います。それとstick booster自身には充電機能はないので、別途充電器が必要です。eneloopマニアなので、充電器は2つ持ってるから問題なす。
IMG_0940.jpg

なぜかスイッチがあります。緑が見えるようにスイッチをスライドしないと、ケーブルを接続しても充電できません。これをオフにしておくと、中にeneloopを入れっぱなしでも放電が抑えられるようです。またケーブル接続する前にこのスイッチをオンにしたほうがいいみたいです。(→stick boosterのサイト)。
IMG_0941.jpg

さて、実際に充電のテスト結果です。iPhoneが起動できなくなるまでバッテリーを使いきってから、stick boosterで充電してみました。外部バッテリーの中には、バッテリーを全部使いきったiPhoneには充電できないのがあるから注意です。

ちょうどいいタイミングで、いつフル充電にしたのか覚えてないeneloopがあったので、それで充電してみたところ、約90分で51%まで充電できました。

もう一回、iPhoneのバッテリーを使いきってから、今度はフル充電直後のeneloopを使って充電すると、今度は約90分で60%。

IMG_0972.JPG

自分の使い方では50%ぐらい充電できれば、たぶん問題ないので、これでよかったと思います。値段も手頃だしカッコいいし言うこと無しです。

あと、Twitterの情報でiPhone 4だと40%充電できたというつぶやきがありました。

iPod touch(2世代)だと、なんと100%充電できて、まだ余りました! これにはビック知りた。
posted by akibyon at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

iOS 4は寝ながら使うのにサイテキ!

iOS 4で、インストールラブ。akibyonです。

早速、iPhone 3GSにiOS 4をインストールしました。仕事関係でスクリーンショットをとらなくちゃいけないのですが、スクリーンショットをとって、Macにつないで吸い上げたあとに、iPhone本体から画像を削除すると、ファイル名がまた「IMG_0001.PNG」から始まってしまうので、具合がわるいです。
以前は、ずーっと通し番号でやってくれたのに。どっかで設定できないもんだろうか。

さて、今回のiOS 4のオレ的イチオシ機能ですが、それはiPhoneを横に傾けたときに、画面が回転しないようにする機能がついたことです。iPhoneを持ってベッドインしてしまう人がやっているブログですからこれに決まりです。

やり方は、ホームボタンをダブルクリックして、マルチタスクの管理画面を出します。ここで下部のアイコンを右にスワイプ。
IMG_0001-18-36-32.png

iPodコントローラーがこんなところにあります。そしてその左側に丸くなった矢印のボタン。このボタンをタップすると真ん中に鍵のマークが付いて、iPhoneの画面が縦位置で固定されます。
IMG_0003.PNG

ラベル:iPhone 3GS iOS 4
posted by akibyon at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

iPhone Backup Extractorでファイルを抽出せよ

akibyonです。

先日、SeesaaブログのiPhoneアプリでポッドキャストを録った話を書きましたが、実は録った音声ファイルをどうやってもアップできなくて困ってしまいました。記事に添付してアップすると、必ず途中でアプリが落ちてしまうのです。

というわけで、音声ファイルを録ったもののどうにもできなくなっていたのですが、すごくありがたいMac用のアプリがありました。それが、iPhone Backup Extractorです。

iPhoneをパソコンに接続すると、iTunesが起動して自動的にバックアップがとられているわけですが、Macの場合は「~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/」の中に、なんだか良く分からないファイル名で入っています。iPhone Backup Extractorは、これを見てわかるような形で表示してくれて、さらにファイルを取り出すこともできちゃうというすごいアプリです。

スクリーンショット(2010-06-21 15.44.06 pm).png
バックアップをFinderで直接見るとこんな感じの暗号みたいなファイル名になっています。

スクリーンショット(2010-06-21-9.45.47-am).png
iPhone Backup Extractorを起動すると、自分のMacに入っているバックアップが表示されます。世代管理されているんですね。

スクリーンショット(2010-06-21 9.46.26 am).png
バックアップを開くとアプリの名前がズラーっと。下のほうに「iPhone OS Files」なんてのもあって、なんか気になりますなー。ここではおとなしく「SeesaaBlog」を選んで「Extract」をクリックしました。

スクリーンショット(2010-06-21 9.48.37 am).png
アプリのファイルが取り出せました。よく見ると自分が録音したと思われる音声ファイルが入っていたので、これをブラウザを使ってSeesaaにアップしたというわけです。

一発録り結構大変だったので、使えて良かった。
Seesaaブログアプリがすごく気に入っているので、また今度試してみます。アップできなくても、iPhone Backup Extractorがあれば取り出せますしな。
今回のポッドキャストはH2で録りました。

→iPhone Backup Extractorをダウンロードする


posted by akibyon at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

テレビの録画はiPhoneで見るべし

akibyonです。

テレビの録画はiPhoneで見るべし。ただし地上波アナログ(^^;

ハードディスクレコーダーで録画した番組をなんとかして、Macに持って行きます。Windows PCでもいいです。

え? それを知りたい?

確かにこれじゃ、一休さんが虎の屏風の前で、虎を追い出してくださいって言ってるようなもんか。では、うちでやってるやり方を書きます。東芝のハードディスクレコーダー限定のやり方です。

Macでvrxというアプリを起動します。
ハードディスクレコーダーで、ダビングの中で「LAN」を選ぶと、vrxという項目が出るようになります。ここにダビングします。
するとLAN経由で録画した番組がMacにコピーできます。無線LAN環境でもOKです。
スクリーンショット(2010-06-20 10.33.15 am).png

→vrxをダウンロードする


すごく便利なんですけど、これができるのは、地上波アナログの放送だけなんですよね。こっちにひとつそのときのトラブルシューティングを書きました。
http://www.quickcaman.com/modules/wordpress/index.php?p=1238

スクリーンショット(2010-06-20 10.19.48 am).png
Macにコピーしたファイルはvob形式になっているので、Macで見るならそのままVLCなんかを使えば見れます。iPhoneで見るには、このままではダメなので、なんかの方法でmp4とか、m4vとかに変換してください。

え? それが知りたい?

確かにこれじゃ…なので、無料のアプリでできる方法を書きます。使うのはHandBrakeです。Windows用もあります。
書き出すときのパラメーターがいっぱいありますが、プリセットがあるので右側のドロワーの中から、「iPhone & iPod touch」選んで「スタート」をクリックすればOKです。
HandBrakeScreenSnapz001.png

→HandBrakeをダウンロードする


変換できました。長くなりましたがここからが今回の本題です。

以前は、iPhone用に変換したムービーをiTunesに登録して、そこからiPhoneに転送して見ていました。通勤中に見るとか、持ち歩くにはこれがいいんですが、寝床で見るなんてときは、いちいち転送しなくてももっといい方法があります。AirVideoというアプリを使います。
MacやWindows上で無料のサーバーアプリを起動して、公開するフォルダを指定すると、無線LANのネットワークを通してその中のムービーをiPhone側のアプリで見れるようになります。すごいなー。

スクリーンショット(2010-06-20 10.18.27 am).png
AirVideo Serverを起動して、変換したムービーの入っているフォルダを指定します。これで終わりです。

→AirVideo Serverをダウンロードする


iPhoneのAirVideoを起動すると、サーバーの名前が出てくるので選んでいくと、ムービーが開けます。ここで「Play」をタップすればOKです。iPhoneで直接再生できないムービーの形式の場合は、その下の「Play with Live Conversion」をタップします。リアルタイムで変換して送信してくれるんですね。パソコンレベルでこんなことができる世の中になるなんて!

IMG_0008.PNG

IMG_0009.PNG

IMG_0010.PNG

iPhoneで見るとこんな感じ(わざとコントローラーを出しています)。
IMG_0012.png

ちなみにAirVideoはユニバーサルアプリなので、iPadで見るとこんな感じ。もちろんフルスクリーンにできます。
IMG_0011.png

AirVideoの無料版と有償版の違いは、無料版だとムービーの一覧を表示したときに、一度にムービーが3つまでしか表示されないところです。ランダムに表示されるみたいなので、見たいムービーが表示されるまで、何度も一覧を更新してもいいんですけどね。
iPadでも使えて350円というのは、現在のiPadアプリの相場的には安いと思います。iPadを持ってる人なら買い!かな?

ただ、iPadを寝床で使うのは、かなり厳しいです(^^

icon
icon
AirVideoをApp Storeでチェックする
icon

icon
icon
AirVideo FreeをApp Storeでチェックする
icon
ラベル:AirVideo HandBreke vrx
posted by akibyon at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。